1. 無料アクセス解析

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。


プロフィール

Author:kojizo
FC2ブログへようこそ!

30代後半の文房具が好きなおっさんです。 SMITHや丸善、LOFT等に行くといくら時間があってもたりません。 おこづかいの大半は文房具の衝動買いで使ってしまいます。 会社の備品も気に入らないものは自腹で買ってしまいます。 そんなおっさんのLifehacks-カスタム文房具です。 kojizoをフォローしましょう

オススメ!Shop


FC2カウンター


Yahoo!


Yahoo!Web


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ローグル


まとめ
お気に入りのグッズ
★進 化した手帳★手書きのメモを快適にデータ保存!新しいメモ帳スタイルの提案♪人気の理由は... A7 ノート・メモ 【キングジム】ショットノート/SHOT NOTE Sサイズ【黒】 9100クロ 持ち 運びに便利なミニサイズ!デザインフィル CL 修正テープ ミニMIDORI ミドリ 【送 料無料】ステキ文具
手の ひらやポケットに、さっと収まる快適さ。一般的な小さい財布より、ダントツに小さいお財布... 【オ ルファ】キリヌーク (1枚切り カッター)209BS 209BS 16cmに広がるコンパクトな定規です!デザインフィル CL マルチ定規 畳んで8cm 送料 無料】趣味の文具箱(vol.19)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブングジャムでいただいた、サラサドライと9/15発売のサラサクリップ ビンテージカラーです。

サラサドライは速乾性のインクで書いた直後に擦ってもかすれません。

従来のサラサシリーズとは違い、水性染料のインクです。

速乾性では私が愛用しているぺんてるのエナージェルも水性染料なので、速乾性=水性染料ということなのでしょうか。

乾く早さはエナージェルの半分以下です。

わざとかすれさすのが難しいくらいです。

サラサクリップ ビンテージカラーは従来どうり水性顔料です。

水性顔料は乾いても濡れてしまえばにじみますが、水性顔料は乾けば塗れてもにじみません。

サラサクリップの高級バージョンのサラサグランドも発売されるそうなので楽しみです。

ちなみに、リフィル形状はどれも同じなので互換性があります。

スポンサーサイト
CamiApp S(コクヨS&T)を一ヶ月お借りしています。

本体に続き、専用ペンをレポートします。

CamiApp Sへの書き込みには専用ペンを使います。

ペン先は普通のボールペンですが、本体と専用ペンが反応して筆跡を記録していきます。

専用ペンで書いた第一印象は…書き辛い。

ペン先が太くて、書いている箇所が見えません。


その部分に機械が入っているわけでもなく、ただのデザインの様です。

ここは改良して欲しい。(3Dプリンタで自作出来そうですが。)



リフィルは他メーカーの物を加工して簡単に付けられます。

書き味だけでも気に入ったモノにするために、スリッチーズ(ぺんてる)用リフィルのエナージェルを付けました。

加工は後ろのキャップみたいな物を外すだけです。



その他、ジェットストリーム、コレトなども付けられると思います。

この形状のリフィルの採用はとても良いと思います。

Fans:Fans
本日、10月30日発売になりましたPILOTのフリクションボールスリム038。こすって消えるボールペンなのに0.38mmの細さと10色のカラーが特徴。

今日発売日だったんですね。


もう買って使っていたし、何度も文具王や他故さんが買ってきたよツイートしてたもんだからとっくに発売されていたもんだと勘違いしてました。




そして、このフリクションボールスリム038のリィフィルはフリクションボール3と互換性があります。

これでフリクションボール3が青、赤、緑の組み合わせで使えます。

ただ、使ってみて分かったの事は左利きの押して書く書き方には細過ぎるという事。

なので、青と赤は0.5ののままで緑だけ黒の代わりに入れています。

0.38mm青、赤3の本入りリィフィルは誰かにあげちゃおうっと。
パイロットのフリクションポイント04のOEM版「こすって消せるニードルペン(無印良品)」が意外と使いやすい。


換え芯はフリクションポイント04と同じものですね。

フリクションポイントに比べて色が若干濃い気がします。(比べているフリクションが初期のモノなので、現在は改善されているかもしれません。)



どこが使いやすいかというと、キャップ側にゴムが付いているところです。(他メーカーにもキャップについているものありますが。)

書くときにキャップを後ろにはめるとフリクションポイントと同じ使い方ですが、キャップを横に置いておくとペンをひっくり返さずに消すことができます。

フリクションとフリクションイレーザーの組み合わせの様です。

キャップの角がゴムになっているので細かい部分も消しやすい。

ただし、無くさないように注意が必要です。(キャップ式のペンは全て同じですが。。。)
現在のお気に入りのペンについてお話しまさ。

3月にこのお気に入りのボールペンが見つかって以降、約2ヶ月常用しています。

常用する条件は以下のとおりでした。

水性、0.5・・・左利きなのでかすれないように。これ必須。
顔料・・・ノートが湿気ってもにじまない。水に濡れてもOK。
ニードルペン・・・細かい文字を書くにはこれがいい。一体成形だと更に○
インク色・・・青

この条件に合うボールペンがハイブリッドテクニカ(0.5 青)でした。



しかし、見た目が安っぽい。

ノック式は純正のものしかなく、エナージェルのキャップ式にも使えるがあまり丈夫でなく、安っぽさも否めない。

おなじぺんてる製のランスロット3/5も同規格だが3~5000円と少々高価で手軽には試せない。



そんなことを調べているうちに、OHTOのリフィルが同サイズであることに気付きました。

また、PILOT Cavalier(HI-TEC-C)のリフィルともほぼ同サイズ。

OHTO LIBERTY CB-10BL(シルバー) を購入し、ハイブリッドテクニカのリフィルを入れたところピッタリでした。値段も700円(世界堂価格)で手頃です。

OHTOのペンは種類が豊富で好みのものが選べます。

111.5mm、軸径Φ6.2mmのリフィル(C-305など)が使えればOKです。

手持ちのPILOT Cavalierにも入れてみました。HI-TEC-Cのリフィルとは若干サイズが異なりますが、問題ありません。



これらはどれもキャップ式ですが、先日発売のSTATIONERY magazine No.008を見るとラミーのノック式ボールペンとも互換性がありそうなので、今度試してみたいと思います。



エナージェルのリフィルとはインクが違う(染料)だけなので同じものが使えます。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。