1. 無料アクセス解析

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。


プロフィール

Author:kojizo
FC2ブログへようこそ!

30代後半の文房具が好きなおっさんです。 SMITHや丸善、LOFT等に行くといくら時間があってもたりません。 おこづかいの大半は文房具の衝動買いで使ってしまいます。 会社の備品も気に入らないものは自腹で買ってしまいます。 そんなおっさんのLifehacks-カスタム文房具です。 kojizoをフォローしましょう

オススメ!Shop


FC2カウンター


Yahoo!


Yahoo!Web


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ローグル


お気に入りのグッズ
★進 化した手帳★手書きのメモを快適にデータ保存!新しいメモ帳スタイルの提案♪人気の理由は... A7 ノート・メモ 【キングジム】ショットノート/SHOT NOTE Sサイズ【黒】 9100クロ 持ち 運びに便利なミニサイズ!デザインフィル CL 修正テープ ミニMIDORI ミドリ 【送 料無料】ステキ文具
手の ひらやポケットに、さっと収まる快適さ。一般的な小さい財布より、ダントツに小さいお財布... 【オ ルファ】キリヌーク (1枚切り カッター)209BS 209BS 16cmに広がるコンパクトな定規です!デザインフィル CL マルチ定規 畳んで8cm 送料 無料】趣味の文具箱(vol.19)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CamiApp S(コクヨS&T)を一ヶ月お借りしています。

本体、ペンに続き、専用アプリのレポートをします。

専用ペンでノートにメモを書いて、最後にチェックボックスにチェックをすると専用アプリと通信してスマートフォンにメモが転送されます。

マーカーを設定しておけば、自動的にEvernoteやDropboxに転送もできます。

転送するとメモのデータは消えて、次のメモに備えます。

チェックした時にスマートフォンを起動していないと上手く送れない事があるので、チェクを入れる前に儀式の様にスマートフォンとの接続作業が必要になります。(私の環境での場合です。)

自動転送設定など上手くやる方法は別にあるかもしれませんが、これに失敗してしまうとデータはどこかに行ってしまいます。



また、メモ書きを中断して翌日再開したら、二つのメモに分割されてしまうことがありました。

イマイチ、データ転送の挙動が把握できませんでした。



チェックを入れた後に付け足したいと思うことが多々あるので、アプリ側でデータを合成する機能が欲しいと思いました。

Fans:Fans
CamiApp S(コクヨS&T)を一ヶ月お借りしています。

本体に続き、専用ペンをレポートします。

CamiApp Sへの書き込みには専用ペンを使います。

ペン先は普通のボールペンですが、本体と専用ペンが反応して筆跡を記録していきます。

専用ペンで書いた第一印象は…書き辛い。

ペン先が太くて、書いている箇所が見えません。


その部分に機械が入っているわけでもなく、ただのデザインの様です。

ここは改良して欲しい。(3Dプリンタで自作出来そうですが。)



リフィルは他メーカーの物を加工して簡単に付けられます。

書き味だけでも気に入ったモノにするために、スリッチーズ(ぺんてる)用リフィルのエナージェルを付けました。

加工は後ろのキャップみたいな物を外すだけです。



その他、ジェットストリーム、コレトなども付けられると思います。

この形状のリフィルの採用はとても良いと思います。

Fans:Fans
CamiApp S(コクヨS&T)を一ヶ月お借りしています。


メモパッドのAndroid版です。

CamiApp Sが届いて、先ず設定をしました。

Android版という事で当然iOSでは使用できません。

Bluetooth接続ですが、マルチペアリングには対応していないようです。

又、読み込みには端末が必要なので複数台所有している場合はどの端末を使用するか想定しておかないといけません。

AndroidスマートフォンとiPadみたいな組み合わせ(私です。)では購入前から決めないといけません。

今後はAndroidとiOS共通、且つマルチペアリングに対応すると期待します。



本体サイズは186×243×17とiPad miniやNexus7と比べて厚く、大きいと感じてしまう。

質量も460gと重い。(当然だがノートブックタイプは730gと更に重い)

このサイズではカバンに入れて持ち歩くのはきつい。

ただ、メモなので考え得る使用方法は持ち歩けないと利用頻度はかなり下がってしまうだろう。



価格を含めて総合的に考えるとちょっと手が出しにくい。

今後に期待したいと思います。

Fans:Fans
どんな新製品なのか、なにも知らずにコクヨS&Tさんのモニターキャンペーンに当選し、イベントに参加しました。

入口でCamiApp SのカタログとSuper Classic(abrAsus)の総合カタログが配られました。(Super Classicのカタログの写真にちょろっと私が写ってました。)



今回のイベントはCamiApp Sの発表会です。

イベントとには文具クラスタのいつもの顔ぶれとデジタルガジェットクラスタの顔ぶれとが混ざっていました。

知り合いもたくさんいてホームな感じでした。
(主催者側のいしたにさん、ライターの納富さん、デジタルガジェットクラスタの伊藤浩一さんなど)

開始までの時間、早速CamiApp Sをタッチ&トライ。



そして、イベントトークが始まります。

コクヨS&TさんからCamiApp Sの説明があり、いしたにさん、堀さんが使った感想やSuper Classicとのコラボ製品の説明がありました。

トークなどでは皆が厚いけど軽いと言っていました。

確かに作り手側、文具クラスタ側からの視線では良くここまで軽く作れたなと思でしょうが、素人目、デジタルガジェットクラスタ側から見るとかなり重い製品という印象です。

350gのWindowsタブレットにくらべて大きさ、重さ、薄さともまだまだな気がします。

持ち歩くには大きく、重過ぎます。



又、会場で手描きしたものを転送してみましたが、上手くいきませんでした。

やり方が下手だったのかもしれませんが、安定性にかけているのでは?と思ってしまいます。



ノートブックとメモパッドの2種類があり、またOS(iOS、Android)で機種が変わるので、計4タイプあるようです。

メモパッドのAndroidタイプのモニターを選択し、懇親会に移行しました。(懇親会では堀さんと挨拶することができました。)

製品が届いたら1ヶ月モニターをします。


Fans:Fans
普段、保存するメモ帳にコピー用紙や方眼紙を折って挟んでメモを取って、用紙がいっぱいになるとA4に広げてスキャナーでスキャンしていますが、スマートフォンで済ませたいと思っていました。

そこで、保存するメモ帳で使った用紙をスマートフォンを使って8分割(A7)のまま保存できる専用の用紙を作ってみました。

スマートフォンのアプリにはさまざまな台形補正をしてくれるアプリがありますが、プロポーション(縦横比)を維持したいのでマーカーを使うCamiAppのアプリに対応した用紙にしました。

先日お邪魔したabrAsus新作発表会&忘年会に印刷したものを持っていき、配ることができました。

問題なさそう(?)なので、PDFを公開しちゃいます。

CamiApp薄いメモ帳のそれぞれの使い方を足してください。

もちろん、保存するメモ帳、薄いメモ帳、IDケースwith保存するメモ帳の全てで利用できます。

8ページ目は名刺読み取り用なっています。(薄いメモ帳では8ページ目が使用できないからです。)

CamiAppのマーカー機能を使えば、撮影すると自動的にEvernoteにアップロードすることもできます。

CamiApp×abrAsusのダウンロードはこちら


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。